不動産物件、賃貸の基礎知識

不動産物件、賃貸の基礎知識 賃貸物件の基礎知識を理解するためには、長い時間が必要となることがありますが、信頼のおける不動産会社にサポートを依頼することによって、たとえ初心者であっても便利な情報をキャッチすることができます。
とりわけ、リーズナブルな価格が設定されている賃貸物件の魅力に関しては、大手の情報誌やホームページなどでピックアップされることがあるため、忙しい生活を過ごしている人にとって、絶好のチャンスとなりつつあります。
また、最新の不動産の基礎知識をマスターするうえで、同じような立場の人々と意見交換をすることが成功につながります。
一般的に、利用価値の高い不動産の選び方に関しては、素人が判断しにくいところがあるといわれています。
そこで、複数の不動産会社のお勧めの物件の良しあしを見極めることによって、何時でも冷静に契約を結ぶことが可能です。
そして、人気のある業者のスタッフから有意義な助言を受けることもポイントといえます。

不動産所有のメリット

不動産は、単に所有しただけでは固定資産税や都市計画税などによる支出が多額になるため、あまり大きなメリットがありませんが、所有している不動産を活用して事業を展開することでいろいろなメリットを得ることができます。
例えば、所有している土地の上にマンションやアパートを建設して賃貸事業を行うと、入居者から賃料等の収入を得ることができるほか、税制上の特例措置の適用によって固定資産税と都市計画税の納付額を減らすことができます。
また、賃貸事業の経営者が亡くなった後、相続人がその事業を引き継ぐと相続税評価額を減額させることができる特例を利用して節税をすることができます。
さらに、賃貸物件の部屋数が10以上もしくは棟数が5以上であれば青色申告納税者となることができ、不動産所得を申告する際に様々な特例を適用させ、所得税を減らすことができます。
上記は個人事業として行った場合のメリットですが、事業が軌道に乗った段階で不動産管理会社を立ち上げれば、損金として算入できる費用の種類が大幅に増え、給与所得控除を適用させられるようになるなど、節税対策によってより多くのお金を手元に残すことができるようになります。