不動産取引中で印紙税の課税対象となる契約書

不動産取引中で印紙税の課税対象となる契約書 不動産の取引は主に書面で契約を結ぶことによって行われますが、取引中に作成される契約書の中には印紙税の課税対象となっているものがあります。
不動産取引において印紙税の課税対象となっている契約書として代表的なのは、売買契約に関するもの、工事の請負契約に関するもの、住宅ローンによる購入資金の借り入れに関するものの3種類で、契約書に記載されている金額に基づいて印紙税の納付額が決まります。
印紙税の取り扱いは、業者が入って行う場合は業者側が取り扱いに慣れていることがおおいため、指示にしたがえば問題なく処理されますが、個人間で不動産売買の取引を行う場合は、契約書をつくる部数と、契約内容で印紙税の売主と買主がどれくらい負担するかについて取り決めておかないと、後々トラブルになることがあるので注意が必要です。
売買契約に関する書面は、原本を2部作成して、買主と売主がそれぞれ1部ずつ保管するようにすればトラブルとなることは少なくて済み、原本を1部だけ作成するように決めた場合は、買主側が原本を保管するように取り決めておくとトラブルを防ぐことができます。

不動産における固定資産税の仕組みを知っておこう

日本には固定資産税と呼ばれる税があり、建売住宅を購入したり、土地を購入して自宅を新築した場合には常に意識しなければなりません。
税法上では、固定資産は土地、家屋、形のある償却資産の3つを意味しているため、不動産を所有するとごく短期間で手放すようなことがない限り、固定資産税の納税義務が発生することになります。
実際に固定資産税の納税義務者となるのは、毎年1月1日の時点で固定資産を保有している人です。
原則では、引っ越しで住所が変更になったとしても、その翌年に以前所有していた不動産における分を納税しなければなりませんが、実際には新旧の不動産所有者の双方で税金を負担しあうのが慣例となっているため、1年度分をすべて負担する必要はありません。
土地や建物の場合は、固定資産税評価額と呼ばれるものに自治体が条例で決めている税率を乗じた金額が納税額となっています。
この評価額は不動産鑑定士がおこなった評価に基づいて決定され、3年ごとに評価し直される仕組みになっています。

新着情報

◎2017/6/30

不動産アレコレ
の情報を更新しました。

-

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「不動産 契約」
に関連するツイート
Twitter

岡山市の不動産会社です♪ スーモ、ホームズ等に掲載されている物件はほぼ当社で取扱い可能物件となります♪ 賃貸仲介、売買仲介、新築建売り、住宅ローンの相談、少しでも他社より安く契約したい等お気軽に問合せください♪お気軽にご相談を♪ 0862611188番号でライン友達追加可♪ 11

Twitterおうちの情報館株式会社エムズクリエイト@okayamaouchi

返信 リツイート 5分前

[民][譲渡担保2] 当事者間の契約によって生じ、目的物は動産不動産を問わない。倉庫内部の流動する集合物全体であっても、目的物の範囲が指定されていれば譲渡担保は成立(判例)。 対抗要件は通常の物権と同じ(動産は引渡し不動産は登記)。動産については、引渡しは占有改定でよい(判例)。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 6分前

水曜日になぜ不動産会社のお休みが多いのか。それは契約が”水”に流れないためだといわれています。

Twitterココロ不動産BOT@kokoro2103

返信 リツイート 19分前

契約の時贈って喜ばれる「不動産契約書ファイル」Cタイプ(三つ折り)は 紺色が人気です。縦横どちらの使用も対応いたします。茶・白もございます。標準規格品は当日発送です。まずは現物見本をお手に取って無料貸し出し中です。 bit.ly/1qD9wHV pic.twitter.com/JUnOQM9OT4

Twitter株式会社動産社@Dousansya

返信 リツイート 28分前

岡山市の不動産会社です♪ スーモ、ホームズ等に掲載されている物件はほぼ当社で取扱い可能物件となります♪ 賃貸仲介、売買仲介、新築建売り、住宅ローンの相談、少しでも他社より安く契約したい等お気軽に問合せください♪お気軽にご相談を♪ 0862611188番号でライン友達追加可♪ 10

Twitterおうちの情報館株式会社エムズクリエイト@okayamaouchi

返信 リツイート 10:00

返信先:@ORION_BLACK0622 私の短い不動産営業時代で知る限りでは契約事故で宅建士(当時は主任者)独自の責任を問われたケースは知りません。会社が損害賠償した後に社員に対し求償した例はあります。営業社員である宅建士が売らんがためにいい加減な重説をする例など山ほどありますが、実際はほとんど会社の責任となって(ry

返信先:@ORION_BLACK0622 不動産取引の瑕疵による損害賠償責任は一般的なものと同様で契約当事者である会社に賠償義務があります。宅建士は契約書と重説作成に責任を負っており(記名押印します)、その点で明確な落ち度があれば会社と連帯して責任を負う、と思います。実例を知らないので予想でお答えしました(笑)

不動産経済研究所が16日に発表した9月のマンション市場動向調査によると、首都圏のマンション発売戸数は前年同月比13.2%増の3372戸と、6月以来の増加となった。一方、契約率は66.5%となった。 traders.co.jp/news/news_top.… @traders_webさんから

封筒(各種タイトル入り)契約書・賃貸契約書・不動産契約書・不動産関係書類などそれぞれ100枚入りです。bit.ly/1rCZMgM pic.twitter.com/LiJoK2mRwm

Twitter株式会社動産社@Dousansya

返信 リツイート 9:12

岡山市の不動産会社です♪ スーモ、ホームズ等に掲載されている物件はほぼ当社で取扱い可能物件となります♪ 賃貸仲介、売買仲介、新築建売り、住宅ローンの相談、少しでも他社より安く契約したい等お気軽に問合せください♪お気軽にご相談を♪ 0862611188番号でライン友達追加可♪ 9

Twitterおうちの情報館株式会社エムズクリエイト@okayamaouchi

返信 リツイート 9:00